日本帰国準備

スポンサーリンク
愛犬オレオ

オレオの帰国準備(6.2)輸出国政府機関発行の証明書の取得

外国(スペイン)から日本に犬を連れて帰る手続き。最後は輸出国政府機関へ出向き、Form ACの資料に必要事項と印をもらうだけ!エルプラット空港内にあるCLASAにその動物検疫所があるからそこに行った。しかし、トラブルなしに終わらないのがスペイン。最後までドキドキした手続きやったけど無事に資料がそろった!!
愛犬オレオ

オレオの帰国準備(6.1)輸出国政府機関発行の証明書の取得

犬を連れて日本に帰国する手続きも進み、「輸出国政府機関発行の証明書の取得」の段階までこれた。バルセロナには2か所動物検疫所のような場所があり、市内とエルプラット空港内。どちらも予約が必要。ペットを連れて行く必要はないけど、事前に獣医での診察やらを終わらせていないと請け合ってもらえない。必要な書類もたくさん!
愛犬オレオ

オレオの帰国準備(5)獣医さんで輸出前検査(スペインが必要としてる手続き編)

スペインから日本へ犬を連れて帰国するための手続きで獣医さんに行った。日本が必要としてる手続きや書類が完成した後は、スペインを出国する際に必要な手続き等をそのまま獣医さんでしてもらった。フィラリアのお薬や、Cexganを通じての出国の申請、健康診断書の発行等、意外とスペインが必要としてる手続きはたくさんあった。
愛犬オレオ

オレオの帰国準備(4)獣医さんで輸出前検査(日本に提出する資料編)

愛犬をスペインから日本へ連れて帰る手続き。今回は出国前(搭載前)10日以内の手続きで、獣医さんに行く必要がある。日本の動物検疫所指定の証明書(Form AC)をダウンロードし、必要事項を自分で書いた下の部分に獣医さんに狂犬病とレプトスピラ症に感染してないかを調べてもらい、サインをもらう必要がある。
バルセロナ日常生活

スペイン生活が残り少なくなって

約2年程過ごしたスペイン生活がいよいよ本格的に終わりを迎えようとしてる。始めは日本に帰りたい気持ちしかなかったけど、帰国前1か月を切ったあたりから、今まで感じたことがない寂しさも感じるように。政府の効率が悪かったり不便なことも多いスペインやけど、それを除けば本当に魅力あふれる国。スペインを去った後絶対いつか帰ってきたい
日本帰国準備

オレオの日本帰国準備 (3)・私の免許証の行方

ペットの愛犬と日本に帰る準備。動物検疫所のHPに従って、40日以上前に提出しないといけない「事前届出」の段階までこれた。飛行機も決まったから到着予定空港の関空とやり取り。事前届出が無事許可されたら届出受理書を受け取れる。その後便の変更があったから「変更届出」も提出。スペイン免許切替の際に提出した日本の免許証紛失された。
日本帰国準備

そろそろ帰国の準備・犬連れ帰国にコロナに戦争に、、飛行機予約が大変。

スペインから日本へ犬と帰国の準備を開始。元々犬連れの帰国はややこしい事が多いけど、今はコロナや戦争の影響で更に難しいことが増えた。飛行機のルートが変更されたり、便がキャンセルされたり、犬が貨物室に乗れない場合もあったりと。KLMがルート変更で飛行時間がとても長くなったから、エールフランスにお願いすることにしたけど、、、
IESE、MBA 関係

就職お祝い・今後のこと

MBAに通う夫の就職先が決まった。台湾だ。夫が一番に行きたかった会社から有難いことにオファーをもらえた。そのお祝いをしに、サグラダファミリアの近くにあるステーキ屋さんでディナー。卒業後は休憩の為にも、オレオ(ワンコ)の為にも一度日本に帰国する。スペインから台湾の移動はワンコは隔離があるから、日本から台湾の移動にする。
愛犬オレオ

早々とオレオの日本帰国準備(2)

外国(スペイン)から日本へ愛犬と共に帰国する準備の真っ最中。マイクロチップ装着、狂犬病予防注射の後は、狂犬病抗体検査を実施。スペインの場合はバレンシアの研究所で血清検査をお願いしないとダメで、動物病院で採血後病院から研究所に血清を送ってもらった。愛犬は基準以上の抗体がありクリアし、現在待期期間を過ごしている。
愛犬オレオ

早々とオレオの日本帰国準備(1)

犬と外国から日本に帰国するのは時間と労力がかかる。スペインのバルセロナに住んでる私と夫とボーダーコリーの愛犬も日本帰国準備を始めた。動物検疫所に記載されてる手引きを穴が開くほど読み手続きを開始。マイクロチップの装着からスタートし、狂犬病の注射を2回し、と手続きを進めるが指定や推奨事項があって神経が削られた。。。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました